リノベーション物件とは

不動産投資の物件選び

リノベーションとリフォーム

○不動産投資ってどう?
最近、中古マンションの購入を検討しています。50歳を目前に、ある程度お金も貯まってきたので、何か資産運用を始めてみたいと考えていました。

ですが株式投資はよくわからないし、外貨預金も利幅が少なく面白みがない。そこで不動産投資はどうかと考えるようになりました。
マンション経営を考えるにあたって、このサイトを参考にしました。

賃貸経営をしていれば、毎月安定した収入が望めるので、老後の心配も軽減されますからね。これで成功すれば、これからどんどん不動産を所有していくのが私の夢です。

そこで、少し調べてみるとリノベーション物件というのが最近人気ということが分かりました。

新築マンションは高くて手が出せない、かといって中古マンションを買ったところで入居者が確保できるか心配。なのでこの点を解消するためにリノベーション物件はどうかな、と思うようになりました。

○リノベーションとリフォームの違い
まず気になったのが、リノベーションとリフォームとの違いです。リフォームは耳にする機会も多く、分かっているつもりです。ですがリノベーションと言われてもイメージが湧きません。そこで、まず両者の違いを調べてみました。

・リフォーム→その物件の老朽化した部分を工事し、新築の状態に戻すこと
・リノベーション→大規模な工事によって、物件の性能を新築の時よりも向上させること
という違いがあるようです。

リフォームならば、その物件が建てられた時のそのままの機能へ回復させることができますが、リノベーションはゼロの状態に戻すだけではなく、現代的なスタイルに合わせた物件へと進化させることができるのです。

現代的なスタイルの物件を手に入れる方法には、新築マンションを購入するという方法がありますが、新築マンションはやはり高額であることが多いですよね。

そこで、リノベーションであれば、安く購入できる中古マンションでも行えるので、費用を抑えることができます。これが人気の理由のようです。